東建多度カントリーでの思い出

私が水商売をしていたころ、お客様とゴルフへ行くことは当たり前のことで特にいやらしいことはありません。
お店はラウンジです。25名様ほど入れる個人のお店でスタッフはママ含め6人です。
その中でゴルフができるスタッフはママと小ママと私の3人でしたので私は一月にラウンドプレーするのは3回ほどです。

多いとき5回ほどです。ほとんどお客様としか行きません。

大阪に住んでいますので府内や奈良県、三重県の3県内のほとんどのゴルフ場へ行きました。
たくさんありひとつずつ説明しても良いくらいです。その中でも特に印象の深いゴルフ場は三重県にあります東建多度カントリーです。
自分の車で行くときとお客様が家まで迎えに来て下さる時とがあります。第二京阪道路と名神高速を通ったと思います。
自宅から1時間半くらいで着きました。
使用していたクラブはプロギアのものです。ソールが分厚いもので4番5番7番ウッドもプロギアです。

パターはホワイトホットです。ウェアは夏はポロシャツとスカート、靴下はロング。手袋は両手です。

帽子はプロギアのもの。赤色、白色、ベージュ、黒色たくさんあります。シューズはキャラウェイかプーマ。
冬場はハイネックでベスト、厚手のスカートか長ズボンです。冬は体が暖まるまでとても寒いのでジャンパーも着ます。
プレー代は飲み屋のお客様とのゴルフでも私達はほとんど自腹です。お店からは1度も払ってもらったことはありません。

仕事で行ってるのにせめて半分くらいは払って貰いたかったですし手当てもないので何のために接待ゴルフをしているのか嫌になります。
先ほど名前をあげました東建多度カントリーは平日でも2万円くらいはしました。キャディーを付けましたし、もちろん食事もしましたから。

ただ、今までのゴルフ場の中でも1番キャディーフィーが高額でした。

5000円ほど取られていてとってもびっくりしたのを覚えています。それなら付けなくて良かったのに!でもゴルフ場はさすがプロの試合をやるところなので隅々まで整備されておりとっても綺麗でした。 春はフロントへ車で上がっていく門を過ぎてから途中の桜の木のトンネルは見事です。
コースではお花や小さな山、金閣寺もあって池にはヨットが何船浮かんでいます。冬は緑に色付けしてあって全コース緑色の芝です。グリーンもとてもきれいに整備されていました。(ボコボコしていない。)
白鳥、黒鳥や鴨たちがたくさんいてとても可愛く和みます。

レストランにはとても大きなスクリーンが真ん中の壁にありプロのゴルフプレーが流れていて観てるだけでも面白いし、人と会話することが苦手な時はその映像を観ながらひとつ話題ができるのでとてもありがたいと思いました。
私達水商売はこのゴルフの後の流れでいかにお店へ呼ぶかという任務もあり、心からゴルフを楽しむということはありません。
払ってもらえるならまだしも自腹で行くゴルフはもっと気の合う友達とかと行きたいものです。
私は赤マークから打つので距離的に楽なコースもありました。バンカーが得意ですが1、2回くらいしか入りませんでした。
へアウェイはフワフワしてじゅうたんのようでした。スコアは毎度のごとく110代です。たくさん行ったゴルフ場の中で私はここが1番好きです。
だだ仕事ではなく何度も言いますがプライベートでいきたいものです。

そして、その時にはゴルフも、もっと上手になりたいものです。

それで、実際に買ってみたのが、これです。